預金・貯金の違いと種類!

預金と貯金、二つの単語があります。

両方とも、金融機関にお金を消費寄託すること、そして寄託された金銭のことです。
寄託とは、受取側が相手側の物を保管することを約束し、受け取ることで成立する契約です。
消費寄託とは、受け取った側が、寄託された物を消費することができます。
しかし、寄託された分は返還しなければなりません。
金融機関は寄託された金銭を消費し、利益を生みだし、寄託者に返す、という仕組みになっています。

預金と貯金、元々は目的の違いで使いわけられていたようです。
決済を目的とするのが預金で、貯蓄目的をとするのが貯金、という風にです。
ですが現在では、金融機関の違いに寄って使い分けられています。

貯蓄
「貯金」を使う金融機関は、ゆうちょ銀行、JAバンク、JFマリンバンクの三箇所です。
それ以外の銀行、信用金庫、信用組合などが「預金」を使っています。

預金と貯金には、それぞれ種類があります。

預金といえばまずは「普通預金」ですね。自由に預入、払戻ができます。
この普通預金を基本として、様々な預金種類が存在しています。
普通預金に相当する貯金は「通常貯金」です。

普通預金と一緒に総合口座として扱われることもあるのが「定期預金」です。
満期日を設定し、期間中に払戻はしないこととして、一定額を預入ます。
ゆうちょ銀行の貯金では「定期貯金・定額貯金」がこれに似ています。

この定期預金の発展形と言えるものが「積立預金」です。
一定額が一定期間、自動的に預入されていきます。
貯金では「自動積立定額貯金・自動積立定期貯金」が似た形となります。

ここまでの、お金を預けることを目的とした預金と異なる正確を持つ預金が「当座預金」です。
預金者が、手形や小切手の支払いをするための口座です。
手形や小切手は証券であるため、当座預金口座の開設には金融機関の審査が必要になります。

その他、貯蓄預金、外貨預金、仕組預金などがあります。

また、審査に不安がある人はオリックス銀行カードローンの審査などメジャーな銀行カードローンを避けて他のマイナーなカードローンも視野に入れてみると良いかもしれませんね。


なお銀行カードローンの審査自体に不安がある方はお金借りる即日のような消費者金融メインで紹介されている比較サイトから大手の消費者金融に申し込みをしてみるのもよいかもしれませんね。 消費者金融からお金を借りるのならアコム在籍確認がどのようなものになっているのか予め調べておいたほうが良いでしょう。