みんなの平均貯金額

みんなどれだけ貯金しているんでしょう?気になりますね。
金融広報中央委員会による「家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯調査)」
(平成26年調査)の結果を見てみましょう。

平均 金融資産の平均額は、1,182万円になります。

そんなに?と思われた方も多いのではないでしょうか。
ただこの値は、平均値です。高額貯蓄者が存在すれば、平均値は上がります。

中央値を見てみると、貯蓄額の目安も変わってきます。
全国の中央値は400万円となっています。

また、年代や、職業、居住地によって中央値には差があります。
年代別の数字を取り上げてみますと、
20歳代の平均値は183万円、中央値は30万円です。
最も貯蓄額が多いのは、60歳代の平均値1,765円、中央値740万円となります。
70歳以上の平均値は1,598万円、中央値が530万円となっています。

職業別で最も高い中央値を記録しているのは、卸売業、小売業の505万円。
地域別で最も高い中央値は、中部の550万円になります。

そしてもちろん、年間収入によって貯蓄額には大きな差が付きます。
300万円未満の世帯は平均値781万円、中央値100万円です。
1,200万円以上の世帯での平均値は4,323万円、中央値が2,100万円になります。
一部の高収入世帯によって、1,182万円という値が出ていることがわかりますね。

みんなの貯蓄額は、データの中央値を参考にすると、400万円ほどが平均的と言えるでしょう。
データには年代別の値が詳しく出ていますので
、 自分と同じ年代ではどれだけ貯めているかを調べてみたり、
自分が何十歳位でどれだけ貯められるかの参考にしたりできます。

<PRサイト>

医療レーザー脱毛の口コミはコチラ!*効果・料金を比較・・・永久脱毛を考えている方に、医療レーザー脱毛クリニックの効果や料金設定など分かりやすく比較し紹介しています。